na-chu

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察も信じなかった「旦那を殺しちゃった」

mayou (2)

埼玉で先日起きた事件ですが、53歳の妻が70歳の夫を殺してしまったというものです


6月9日~10日にかけて妻は微笑みながら「旦那を殺しちゃった」と交番や警察署に自首しているのですが、何ともその時の様子が変で、妄想だろうと思われたためにそのまま帰宅させました

しかしその妻が入院し、その病院で「夫を殺しちゃったの」と話したために病院が通報

警察と不動産会社でアパートを捜索したところ、部屋の中から手足を縛られた夫の死体が見つかったというものです



妻はもともと夫と二人暮らしだったようで、小柄で腰が曲がって丸刈りという不思議な印象の人で、とても53には見えなかったという事です

普段から救急車をタクシー代わりに使う事があり、近隣からも困ったという声が聞こえてくるという状態でした


生活保護で受給したお金をすぐに使ってしまったり、言っていることが支離滅裂だったり

お店に入ってトイレを詰まらせて出入り禁止になったり

夜中にコンビニによくあらわれたり

こういったところから思われるに、警察にふらふらときて自首しに来ても、誰もまともには受け取らないというのも仕方がないように思われますね

スポンサーリンク

mayou.jpg


今回は「警察の初動が遅れて発見が遅くなった」と報道にありますが、これは仕方ないのではと思いますね


53歳というとまだ高齢者とは言えない年齢ですが、社会性がないような所や、普段からの行動やいでたちなどから

なんだか、ゴミ屋敷に住む人と同じような、心に何かを抱えているような印象を受けます

認知症とはいかなくても、似たような、社会性を喪失させてしまうような状況ではなかったのかなと思います


この人の場合は、普段から旦那さんが面倒をみていたような感じだったのでしょう

それが、何かのトラブルか不満でとっさの行動に出てしまった


今後高齢世帯が増えてくることを考えると、なんだか「変な事件だったねー」ですませてはいけないような気がするのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
・posi{ margin:5px 0px 20px 5px; }